ガジェット

【レビュー】SpigenのiPhone 12/12 Pro用ケース「ウルトラハイブリッド」

iPhone 12 / 12 Pro用ケース「Spigen ウルトラハイブリッド」をレビューします。

「Spigen ウルトラハイブリッド」は、TPU素材のバンパーにポリカーボネート素材のクリアな背面パネルを組み合わせたハイブリッドケースです。

また、クリスタルクリア、マットブラック 、レッドの3つのカラーバリエーションがあり、今回はマットブラックをご紹介します。

 

Spigen iPhone 12 / 12 Pro用ケース「ウルトラハイブリッド」を開封

▲箱の中には半透明の袋にケースが入っているだけで、それ以外は何もなくエコなパッケージです。

背面パネルは透明のポリカーボネートになっており、キズ防止のために保護フィルムが貼られています。

 

保護フィルムには青い取っ手がついていて、その部分を引っ張って剥がします。

 

ケース内側にも保護フィルムが貼られています。

 

保護フィルムは結構しっかりついているので、青い取っ手がとれてしまい、保護フィルム自体を引っ張って剥がしました。

 

フィルムを剥がした写真。透明度が非常に高いです。反面、少し指紋が目立ちます。

 

この角度からも非常にクリアなことが分かると思います。

 

Spigen iPhone 12 / 12 Pro用ケース「ウルトラハイブリッド」を装着

写真はグラファイトのiPhone 12 Proに装着したところです。

背面がクリアなので、iPhone本体のデザイン、リンゴマークがしっかり見えます。

また本体とケースの間にお気に入りの写真をはさんだりすることもできます。

 

見る角度によって光の反射で見え方が変わってきます。

 

カメラレンズ周りは、ケースの外周と同じように黒枠で囲まれていて、カメラレンズを強調したデザインになっています。

カメラレンズ部分は段差がつけてあるので、机などに置いたときにカメラレンズが当たることはありません

 

ケースの四隅はカメラレンズ部分の段差に合わせて、出っ張りが少し大きくなっています。

そのため背面を下に向けて置いたときに、カメラバンプはまったくありません

 

ケース右側面。電源ボタン側。

 

電源ボタン。ボタンっぽいデザインでなく、iPhone 12の角ばったデザインにマッチしていて、とてもカッコいいです。

 

ケース左側面。サウンドオン/オフスイッチ、音量ボタン側。Spigenのロゴが入っています。

 

サウンドオン/オフスイッチ部分は広めに切り欠いてあり、スイッチの操作もしやすいです。

また音量ボタンも押しにくいといったことはありません。

 

ケース底面。スピーカーの穴に合わせて切り欠きしてあります。

またライトニング端子部も広めに切り欠いてあるため、コネクタと干渉しません。

 

ケース内側右。電源ボタン部分。

 

ケース内面左。サウンドオン/オフスイッチ、音量ボタン部分。

 

ケース内側の角には、「エアクッションテクノロジー」と呼ばれる衝撃を和らげる窪みがあります。

 

Spigen iPhone 12 / 12 Pro用ケース「ウルトラハイブリッド」のサイズと重量

パッケージの裏面にケースの仕様が印字されていました。

ケースのサイズ 75.52×150.71×10.59mm

iPhone 12 / 12 Proの本体サイズが、71.5×146.7×7.4mmですので、幅と高さは約4mm増、厚みは約3mm増となります。

 

実際に幅をノギスで計ってみたところ、印字のとおり75.5mmでした。

 

重量を計ってみたところ、28gでした。

ケースを装着すると、iPhone 12は190g(162g+28g)、iPhone 12 Proは215g(187g+28g)になります。

 

Spigen iPhone 12 / 12 Pro用ケース「ウルトラハイブリッド」はどんな人におすすめ?

多くのスマートフォンアクセサリーを販売しているSpigenのケースで非常にしっかりした作りです。

背面はクリアになっているためiPhone 12 / 12 Proの美しいデザインが損なわれることはありません。

また側面はTPUのバンパー素材で米軍MIL規格にクリアした耐衝撃も備えており、デザイン性と高い保護力を両立したケースです。

耐衝撃ケースは幅や重量が大きくなりがちですが、幅75.5mm、重量28gとそこまで大きくありません。

iPhone 12のデザインを活かしたいけど、iPhoneを傷つけたくないという方にはおすすめのケースです。

スポンサーリンク

-ガジェット