ガジェット

【Spigenラギッドアーマー レビュー】Pixel 5のおすすめケース

2020-12-22

Google Pixel 5のケース「Spigen ラギッドアーマー」とガラスフィルム「Spigen AlignMaster」をご紹介します。

安定のSpigen製でケースやフィルム選びで迷ったら、とりあえずこれを選んでおけば後悔のない、デザインや品質がとても良いケースとフィルムですのでオススメです。

 

ガラスフィルム【Spigen AlignMaster】

まずは画面のガラスフィルムから貼っていきます。

▲パッケージの中には、ガラスフィルム2枚とガイド枠、その他クリーナーや気泡をとる板などが入っています。

Spigenは人気のあるスマホケースメーカーだけあって、パッケージングはしっかりしています。

 

▲最近のスマホは画面のサイドが湾曲していることが多いので、ガラスフィルムを貼るのが難しいです。

ガラスフィルムがギリギリの設計の場合、少しでもズレると浮いて貼り付け失敗しやすいのでガイド枠がついているフィルムを買う方が無難です。

Pixel 5は画面の表示領域部分はフラットですが、iPhone SE 第2世代のように本体の側面がラウンドしているので、それに合わせて画面の端は角がとってある感じです。

 

▲ガラスフィルムは、はく離紙を剥がしてガイド枠の中にそっと落とすだけ。

Spigenのガイド枠はしっかりした作りなので、貼り付けを失敗することはほとんどないと思います。

 

▲画面の端が少しラウンドしているので、ガラスフィルムは画面より少し小さめになっています。

 

 

TPUケース【Spigen ラギッドアーマー】

ガラスフィルムを貼れたら、次はケースの番です。

▲ラギッドアーマーはSpigenのラインナップの中で代表的でとても人気のあるケースです。

 

▲表面はサラサラした手触りで、指紋はまったく目立ちません。

 

▲ラギッドアーマーと言えば、このカーボン柄です。Spigenのロゴも入っています。

 

▲ケースの内側は蜘蛛の巣のような凹凸があります。

 

▲ケース内側の角にはエアークッションテクノロジーと呼ばれる衝撃を吸収する凹みがあります。

 

Spigenラギッドアーマーを装着

Pixel 5にケースを装着していきます。

▲ラギッドアーマーはクールでカッコイイデザインだと思います。

 

▲当然ですがPixel 5にピッタリでフィット感はとても良いです。

TPU素材で程よい硬さなので、ケースの着脱がキツくてやりにくいとか、緩くてケースが外れるといったことはありません。

 

▲ケースのガラスフィルムの隙間は1mm弱空いています。

個人的にもう少し隙間が狭い方が良いですが、ガラスフィルムを大きくすると端が浮く可能性があるので仕方ないかもしれません。

 

▲カメラレンズの周りはケースが少し高くなっているので、机などに置いたときにカメラレンズが接触することはありません。

 

▲指紋センサー部分の切り欠きは絶妙です。

指紋認証を妨げることは全くなく、むしろ指紋センサーの場所を探すときにこの凹みのおかげで場所が分かりやすくなるので、このケースを付けている時の方が指紋認証がやりやすいと感じるほどです。

 

▲上部にはマイクの穴が開いています。

 

▲サイドボタン部分は固くないので非常に押しやすいです。

 

▲ケースは全体的にサラサラした手触りですが、側面にはスリットが入っていて手でホールドしやすくなっています。

 

▲底面のUSB-C端子部分は程よく切り欠きがしてあるので、ほとんどのケーブルが使用できると思います。

 

ケースとフィルムの重量とサイズ

▲Spigenのケースは箱の裏側にケースのサイズが書いてあります。

このラギッドアーマーは、幅74.41mm、高さ148.66mm、厚み11.22mmということです。

 

▲ケース単体の重量は30gです。

 

▲Pixel 5本体にラギッドアーマーを装着した場合の重量は181gです。

この状態でも、よく比較対象になるディスプレイサイズがほぼ同じiPhone 12 Pro(187g)より軽いです。

 

▲さらにガラスフィルムを貼った状態のPixel 5にケースを装着した場合の重量は189gでした。ガラスフィルムは8gのようです。

 

▲ノギスで幅を測ってみると箱の後ろに書いてあった74.41mmとほぼ同じでした。

 

Spigen カメラレンズ ガラスフィルム

最後にカメラレンズも保護したいという方は、Spigenからカメラレンズ保護ガラスフィルムも販売されているので検討されてみてはいかがでしょうか。

▲こちらもしっかりしたパッケージングです。

このガラスフィルムはカメラレンズやセンサー部分は丸く穴が開いているのではなく透明のフィルムになっています。

スポンサーリンク

-ガジェット