ガジェット

【Elecife USB-Cハブ 12in 1 レビュー】コンパクトで多機能!

コンパクトで多機能な「Elecife USB-C ハブ 12in 1」をレビューします。

外出先で使うことがあるからコンパクトな方がいい

さまざまな接続をすることがあるけど、USBハブを1つにまとめたい

このような方にオススメなのがこのUSBハブで、12ものポートで様々な状況に対応できます。

また、コンパクトなUSBハブは外部モニターの出力が4K 30Hzまでのものが多いですが、このハブはHDMI単一使用で4K 60Hzの出力が可能です。

 

 

開封

▲Elecifeという会社は2020年に出来た新しい会社で、USBハブやドックステーション、スマートリードカード、ミニプロジェクター、TWSヘッドフォン、その他のスマートホーム製品などのデジタル家電製品を生産・販売している会社のようです。

現時点でこのUSBハブは、Elecifeの主要商品となっています。

 

▲箱の裏側には仕様が書かれています。

このUSB-Cハブの売りは、「全部入り」と「トリプルディスプレイ」のようです。

主要なポートが揃っていますので、ほとんどの状況に対応できると思います。

 

▲箱の中に白いスポンジの緩衝材に包まれて梱包されていました。

アルミ合金の筐体で触ると冷っとします。

 

▲同梱物は本体と説明書のみです。

 

▲唯一入っていた説明書は全て英語で書かれてあり、まったく分かりません。

 

▲よく見ると「i」の文字が人のシルエットになっていました。

ロゴの「Elecife」は「ElectricLife」の略で「電気」はテクノロジー、インテリジェンス、イノベーション、開発、「ライフ」は人間とより良い生活をカバーするという意味があるそうです。

 

▲本体背面には、FCC、CE、リサイクルマークなどが印字されています。

ポートの構成

▲USB3.0×2、USB2.0×2とUSB端子が豊富なので使い勝手が良いです。

 

▲右側のHDMI端子は、単体の利用で4K 60Hzの出力が可能です。

左側のHDMI端子は、4K 30Hz出力なので注意です。

 

▲このUSBハブにはSDカードとMicroSDカードスロットがあり、2つのカードを同時に読み書き可能です。

UHS-I規格で読込速度は104MB/S、書き込み速度は30MB/Sとなります。

写真のようにSDカードはUSBハブ本体に対して表向きに挿入しますが、microSDカードは裏向けに挿入します。

 

▲本体のUSB-C端子は金メッキ加工がされています。

 

▲1000Mbpsのイーサネットに対応しています。

イーサネットポートのないノートパソコンでも有線接続できるので良いですね。

 

▲通信の状況によってオレンジと黄緑のLEDが点灯します。

 

サイズと重量

▲公表値では重量118.6gとのことでしたが、実際の値は126gと少し重かったです。

 

接続テスト

▲USB-C端子にPD 100W出力のACアダプター(白いケーブル)を接続して、MacBook Proにつないでみました。

本体はほんのり温かい程度で熱くはありませんので、木の机などの上に直に置いても問題ありません。

 

▲仕様ではノートパソコンへの電源供給は87Wということでしたが、実際にMacBook Proのシステム情報で確認すると充電ワット数は89Wとなっていました。

 

▲4Kモニターがないため確認ができませんが、3440×1440のウルトラワイドモニターでは60Hzで表示されていました。

 

注意点

▲この手のハブはモバイル用途での使用も考えられているためのケーブルが短く、ノートパソコンスタンドなどを使う場合、写真のようにハブが浮いてしまいます。

 

▲ハブやケーブルの重みでノートパソコンのUSB-Cポートに負荷がかかりますので、こういったUSB-C延長ケーブルを使用することをオススメします。

このハブの性能を最大限に引き出すには、通信速度5Gbps、PD 100W充電、映像出力4K 60Hz対応のケーブルを購入する必要があります。

 

▲外出先で使用する場合はこのような感じになると思いますので、ちょうど良い長さのケーブルだと思います。

スポンサーリンク

-ガジェット