【比較レビュー】Echo Show 5とNest Hubの時計表示を全て紹介!

Share :

小型のスマートディスプレイはコンパクトで邪魔にならず、置き時計としても使いやすいです。

スマートディスプレイの中では小型のAmazon Echo Show 5(第2世代)とGoogle Nest Hub(第2世代)を比較すると、それぞれの立ち位置の違いから時計表示にも大きな違いがありました。

Amazon Echo Show 5
Google Nest Hub
  • 置き時計として使用することを想定した設計
  • 時計と背景の組み合わせは1000パターン以上
  • 写真(Amazon Photos)や動画は両端に黒い帯が表示される
  • 時計は非表示にできない
  • アラームは設定時刻も表示可能
  • フォトフレームか置き時計、どちらで使用するか選択
  • 時計デザインはフォトフレーム1種類、置き時計は9種類。
  • 日付と曜日は表示できない
  • アラームはアイコンのみ
  • 筐体やUIのデザインがおしゃれ

この記事ではAmazon Echo Show 5とGoogle Nest Hubの全ての時計表示を写真で紹介します。

この記事を読んで頂くことによって、時計表示でできること・できないことが分かります。購入の手助けになれば嬉しいです。

この記事で分かること

Echo Show 5とNest Hubのサイズ感

本体や画面サイズはNest Hubが一回り大きい

5.5インチと7インチなので当然7インチのNest Hubの方が大きいのですが、Nest Hubはディスプレイが浮いていますので高さがあります。

画面のベゼルはEcho Show 5の方が若干細いですが、ほとんど同じです。

Nest Hubは本体カラーがチャコール(ブラック)でもベゼルが白なのが残念なところ。

意外にも奥行きはNest Hubが小さい

Nest Hubと比較するとEcho Show 5は奥行きが1.5倍ほどあります。

机などの端に置きたい場合は少し場所をとります。

ACアダプタの違い

左:Echo Show 5、右:Nest Hub

Nest HubはACアダプタにもこだわっていて、円形の特殊な形状です。

縦がコンパクトなNest HubのACアダプタですが、横幅はEcho ShowのACアダプタよりも大きく、コンセントに差す時に隣のアダプタやプラグに干渉する場合がありそうです。

Echo Show 5とNest Hubは画面比率が違う

画面の大きさの違いに目が行きがちですが、画面比率が大きく違います。

スクロールできます
Echo Show 5Echo Show 8Echo Show 10Nest HubNest Hub Max
製品画像
画面サイズ5.5インチ8インチ10.1インチ7インチ10インチ
解像度960×4801280×8001280×8001024×8001280×800
画面縦横比2:116:1016:1016:1016:10
本体サイズ横幅 148mm
高さ 86mm
奥行 73mm
横幅 200mm
高さ 130mm
奥行 99mm
横幅 251mm
高さ 230mm
奥行 172mm
横幅 177.4mm
高さ 120.4mm
奥行 69.5mm
横幅 250.1mm
高さ 182.55mm
奥行 101.23mm

Echo ShowやNest Hubのラインナップを確認すると、Echo Show 5だけ2:1という横長の画面比率です。

写真や動画を表示するには16:10の方が適していますが、コンパクトで時計を表示するのに割り切った設計のEcho Show 5。

Amazon
¥4,980 (2022/09/26 21:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

Nest Hubの画面表示

Nest Hubの画面表示は「フォトフレーム」という項目から設定します。

画面表示は「Googleフォト」、「アートギャラリー」、「時計の全画面表示」の3種類のモードがあり、「Googleフォト」と「アートギャラリー」はフォトフレームとしての使用、「時計の全画面表示」は置き時計としての使用を想定した画面表示となっています。

「Googleフォト」モード

「Googleフォト」はGoogleフォトにアップロードした写真を表示できるモードです。

Googleフォトの写真全てを順番に表示するのはもちろんのこと、アルバムを指定したり、写真を個別に設定することも可能です。

時計と天気・気温のデザインは1種類のみで画面左下に小さく表示されます(非表示も可能)。

「アートギャラリー」モード

「アートギャラリー」は、Getty ImagesGoogle Arts & Cultureの写真や画像をランダムで表示してくれるモードです。

シキ

「Google Arts & Culture」はオシャレな画像が多く、見ていて楽しいです。

「注目の写真」、「芸術」、「地球/宇宙」、「ストリートアート」、「Pixelで撮影」の5つのジャンルからなります。

複数選択が可能で、例えば「芸術」、「地球/宇宙」、「ストリートアート」の3つのジャンルからランダムで表示するといった設定が可能です。

「Googleフォト」モードと同じく、時計と天気・気温のデザインは1種類のみで画面左下に小さく表示されます(非表示も可能)。

「注目の写真」、「芸術」

「注目の写真」はGetty Images、「芸術」はGoogle Arts & Cultureの写真や画像がランダムで表示されます。

「地球/宇宙」、「ストリートアート」

「地球/宇宙」はNASAやGoogle Earthの航空写真、「ストリートアート」はGoogle Arts & Cultureの写真や画像がランダムで表示されます。

「Pixelで撮影」

「Pixelで撮影」はその名のとおり、Pixelで撮影した自然や風景などの美しい写真がランダムで表示されます。

「時計の全画面表示」モード

「時計の全画面表示」は、その名のとおり全画面で時計を表示するモードです。

「Googleフォト」と「アートギャラリー」は、写真や画像が主体のモードですが、「時計の全画面表示」モードは時計が主体のモードで時計のデザインは全部で9種類あります。

9種類のうち天気と気温を表示できるのは後述する1種類のみです。

デジタルとアナログを同時に表示できる時計でネイビーとホワイトの2種類があります。

デジタル時計があるので問題ありませんがアナログ時計だけでは時間が分かりづらく、デザイン要素が強いです。

ポップなデジタル時計で黒と白が反転された2種類があります。

アナログのみの時計で色違いの2種類があります。

秒針を表示できるのはこの時計デザインのみで、秒針は止まることなくスムーズに動くタイプです。

目盛りがないため、時間は分かりづらくデザイン要素が強いです。

「時計の全画面表示」モードの中で唯一、天気と気温を表示できるデザインで、天気は文字でも表示されます。

Echo Show 5の画面表示

フォトフレームとして使用するか、置き時計として使用するか、という考え方のNest Hubに対して、Echo Show 5はまず時計ありきで、その背景にどの写真や画像を表示するか、という考え方です。

そのため時計を非表示にすることはできません。

ただし、Echo Show 5は日付や曜日を表示できますので、その点はNest Hubにはないメリットです。

背景の写真や画像は、「パーソナルフォト」、「アート、自然、トラベル」、「モダン」、「プレイフル」、「写真」、「クラシック」の6種類のモードが用意されています。

時計のデザイン一覧

時計のデザインは下記でご紹介する基本の11種類と+αです。

+αというのは、背景に設定した写真や画像によっては下記の11種類以外に特別なデザインの時計を表示することができるためです。

どちらも時計や日付などの情報を小さく表示して、写真や画像がメインのデザインです。

左の写真のように天気を文字で表示するデザインもあります。

アナログ時計も用意されています。Nest Hubのデザイン重視のアナログ時計とは違い、Echo Show 5のアナログ時計は実用的な見た目で時間も読みやすいです。

アナログ時計の秒針の色は選択した背景によって違う色になる場合があります。

Amazon
¥4,980 (2022/09/26 21:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

「パーソナルフォト」モード

「パーソナルフォト」は、背景にAmazon Photosに保存した写真を表示できます。

ランダムで表示したり、表示するアルバムを選択したりできます。

Echo Show 5は画面比率が2:1なので写真の左右が見切れてしまうのがデメリットです。

「アート、自然、トラベル」モード

「アート、自然、トラベル」モードには、「四季」、「自然」、「トラベル」、「アート」の4つのジャンルの背景が用意されています。

Nest Hubの「アートギャラリー」モードのように複数のジャンル選択はできず、選択した1つのジャンルの写真がランダムで表示されます。

「四季」、「自然」

「四季」、「自然」に関連した写真がランダムで表示されます。

「トラベル」、「アート」

「トラベル」、「アート」に関連した写真や画像がランダムで表示されます。

「モダン」モード

「モダン」モードには、「抽象図形」、「モダンフリップ」、「ストライプ」、「ビビット」、「ポップ」、「ビニル」の6つのジャンルの背景が用意されています。

6つのジャンルそれぞれに色違いや少しデザインの違った背景が複数枚用意されており、選択した背景が固定表示となります。

「抽象図形」、「モダンフリップ」

「抽象図形」、「モダンフリップ」、どちらもそれぞれ9種類の背景が用意されています。

「モダンフリップ」はパタパタ時計のようなデザインで黒背景も設定可能です。

「ストライプ」、「ビビット」

「ストライプ」、「ビビット」、どちらもそれぞれ7種類の背景が用意されています。

上の写真のように背景によっては前述の基本の11種類の時計デザインとは少し違った時計デザインを設定することが可能です。

「ポップ」、「ビニル」

「モダン」は7種類、「ビニル」は8種類の背景が用意されています。

「モダン」は単色の背景を設定できますので、シンプルに使いたい方におすすめです。

シキ

僕は普段は黒の背景にアナログ時計を表示して使っていますが、とても見やすいです。

「プレイフル」モード

「プレイフル」モードには、「ボタニカル」、「イラスト」、「パームスプリングス」、「ガーデン」、「溶岩」、「オービット」、「ジオラマ」、「トロピカル」、「水彩」の9つのジャンルの背景が用意されています。

9つのジャンルそれぞれに色違いや少しデザインの違った背景が複数枚用意されており、選択した背景が固定表示となります。

「ボタニカル」、「イラスト」

「ボタニカル」は6種類、「イラスト」は9種類の背景が用意されています。

「パームスプリングス」、「ガーデン」

「パームスプリングス」は6種類、「ガーデン」は3種類の背景が用意されています。

ガーデンは背景のイラストが動きます。他にも設定する背景によっては動くタイプもあります。

「溶岩」、「オービット」

「溶岩」は7種類、「オービット」は6種類の背景が用意されています。

「ジオラマ」、「トロピカル」

「ジオラマ」、「トロピカル」、どちらもそれぞれ4種類の背景が用意されています。

「水彩」

「水彩」は11種類の背景が用意されています。

「写真」モード

「写真」モードには、「フローラ」、「ビーチ」、「スイート」、「サウスウエスト」、「ズー」、「ストリートライト」の6つのジャンルの背景が用意されています。

6つのジャンルぞれぞれに色違いや少しデザインの違った背景が複数枚用意されており、選択した背景が固定表示となります。

「フローラ」、「ビーチ」

「フローラ」は1種類、「ビーチ」は6種類の背景が用意されています。

「スイート」、「サウスウエスト」

「スイート」は9種類、「サウスウエスト」は7種類の背景が用意されています。

「ズー」、「ストリートライト」

「ズー」は8種類、「ストリートライト」は6種類の背景が用意されています。

「クラシック」モード

「クラシック」モードには、「禅」、「万華鏡」、「テクスチャ」、「ステラ―」の4つのジャンルの背景が用意されています。

4つのジャンルそれぞれに色違いや少しデザインの違った背景が複数枚用意されており、選択した背景が固定表示となります。

「禅」、「万華鏡」

「禅」は9種類、「万華鏡」は4種類の背景が用意されています。

「テクスチャ」、「ステラー」

「テクスチャ」は7種類、「ステラー」は4種類の背景が用意されています。

Echo Show 5とNest Hubの細かな違い

Nest Hubは日付を表示できない

Nest Hubは日付と曜日を表示できません。Echo Show 5は日付と曜日の表示・非表示が選択可能です。

置き時計として使うなら日付と曜日も表示させたいという人が多いのではないでしょうか。

Echo Show 5は時計を非表示にできない

Echo Show 5は時計を非表示にできないため必ず表示されます。

Nest Hubは何も表示せず、フォトフレームとして写真を際立たせることができます。

Nest Hubは設定中のアラームの時間が表示されない

目覚まし時計としてアラームを設定することもあると思います。

Echo Show 5はアラームの設定時刻が表示されますが、Nest Hubはアイコンしか表示されません。

シキ

アラームの時間が合っているか心配になり、Nest Hubに「アラームの時間を教えて」と言って確認したことがありました。

パタパタ時計に近いのはNest Hub

Echo Show 5もNest Hubもパタパタ時計風のデザインが用意されています。

Nest Hubはパタパタと変わる動きもしっかり再現されています。

Echo Show 5とNest Hub 比較まとめ

今回両者を比較をしてEcho Show 5とNest Hubは立ち位置が違うことがよく分かりました。

Echo Show 5はスマートディスプレイの中でも珍しい2:1という画面比率で、置き時計として使いやすい工夫がなされていますので、置き時計として使うならEcho Show 5がおすすめです。

一方、Nest Hubはその画面サイズや画面比率(16:10)からフォトフレームとしても置き時計としても万能に使えます。

YouTubeなどのGoogleサービスと連携がいいので、そういった用途も想定されるのであれば、Nest Hubが良いです。

時計表示か写真や映像表示、どちらを重視するかで選んで良いでしょう。

シキ

ちなみに僕はモニター下に置く時計としてコンパクトなものが良かったので、Echo Show 5を愛用しています。

Amazon
¥4,980 (2022/09/26 21:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事で分かること