CIO-MB20W-5000-MAS レビュー!Apple WatchもiPhoneもコレ1つで同時に充電

Share :

Apple Watchの磁気充電とiPhoneのMagSafeに対応、おまけにワイヤレスでAirPodsも充電可能なモバイルバッテリー「CIO-MB20W-5000-MAS」。

1つのモバイルバッテリーでApple WatchとiPhoneを充電するためにApple Watchの充電器を持ち歩いていた方は、このモバイルバッテリーにすれば充電器が不要で持ち物がスッキリします。

CIO-MB20W-5000-MASの特徴
  • Apple Watch、iPhone、AirPodsをワイヤレス充電可能
  • USB-C有線充電は最大20Wの高出力で最新のiPhoneも最速で充電可能
  • パススルー充電対応でiPhoneやApple Watchを充電しながらバッテリーの充電も可能
  • スタンド付きで机に置いて動画視聴などが可能
CIO 楽天市場店
¥4,980 (2022/09/22 16:34時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
この記事で分かること

CIO-MB20W-5000-MASの開封

このCIO-MB20W-5000-MASはクラウドファンディングで購入したのでパッケージがクラウドファンディング仕様になっていますが、Amazonや楽天市場などで購入すると違うパッケージになっています。

同梱品はバッテリー本体、充電ケーブル(USB-C to USB-C)、取扱説明書。

充電ケーブルは長さは1.5mで、しなやかで取り回しもしやすいので使いやすいです。

CIO-MB20W-5000-MASの開封

本体カラーはブラックとホワイトが用意されています。

ブラックはつや消しで表面はサラッとした質感。少し埃と指紋がつきやすい印象です。

スタンドは金属でできていて、スタンドの端をぐっと引っ張ると無段階に起き上がります。

ヒンジ部分の動作は結構固めに作られており、振動などで角度が変わることはありませんでした。

ヒンジの金具は4点リベットで固定されていてしっかりしてます。

ここも黒く塗装されていた方がよかったですが、使用上あまり目にする部分ではないでの問題ないでしょう。

CIO-MB20W-5000-MASの最大の特徴はなんと言ってもApple Watchの磁気充電とiPhoneのMagSafeに対応していること。

Apple WatchもiPhoneもマグネットでピタッとくっつけて充電できます。

またAirPodsやAndroidスマホなど、その他のワイヤレス機器も充電可能です。

ワイヤレス充電の仕様
  • ワイヤレス充電 5W/7.5W/10W ※iPhoneは最大7.5W
  • Apple Watch充電 2.5W

ポートはUSB-Cが1つだけで、このポートで入力も出力も行えます。

本製品はワイヤレス充電(入力)には非対応です。

充電中や電源ボタンを押した時に電源ボタンの隣にあるブルーLEDが点灯します。

またバッテリー残量を25%刻みの4段階のLEDで表示できます。

USB-Cポートの仕様
  • 入力 最大18W(5V=3A, 9V=2A, 12V=1.5A)
  • 出力 最大20W(5V=2.4A, 9V=2.2A, 12V=1.6A)

本体の側面にはバッテリーの仕様やPSEマークが表示されています。

法改正でPSEマークのないものは国内で販売されていないと思いますが、こちらのバッテリーはしっかりマークがありますので安心です。

CIO-MB20W-5000-MASのサイズと重量

CIO-MB20W-5000-MASはMagSafeを搭載したiPhone 12、13シリーズで使用することを想定しているため、iPhoneのサイズに合わせて設計されています。

片手に収まるコンパクトなサイズで、厚みも16.5mmと薄型なので携帯しやすいです。

iPhone 12 mini / 13 miniの横幅が64.2mmなので、それより少し小さい56mmになっています。

本製品とMagSafeに対応したiPhoneのサイズ比較

スクロールできます
MB20W-
5000-MAS
iPhone
12 mini
iPhone
12/12 Pro
iPhone
12 Pro MAX
iPhone
13 mini
iPhone
13/13 Pro
iPhone
13 Pro MAX
77mm131.5mm146.7mm160.8mm131.5mm146.7mm160.8mm
56mm64.2mm71.5mm78.1mm64.2mm71.5mm78.1mm
厚み16.5mm7.4mm7.4mm7.4mm7.65mm7.65mm7.65mm

重量は公表値どおりの150g ちょうどでした。

5,000mAhクラスのモバイルバッテリーの中では特別軽くはないですが、Apple Watchの磁気充電に対応するためにたくさんの機能がついて150gに収まっていることの方がすごいなと感じます。

CIO 楽天市場店
¥4,980 (2022/09/22 16:34時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

CIO-MB20W-5000-MASでiPhoneを充電

iPhone 13 ProをMagSafeで充電

CIO-MB20W-5000-MASはMagSafeに対応していますので、マグネットでiPhoneにピタッとくっつけて充電できます。

充電しながらの使用も考えられているため、iPhone 13 Proにジャストなサイズでカメラレンズにも干渉しません。

スタンドは見た目によらずガタガタせず安定感があり、しっかりとiPhoneを支えます。

iPhoneの画面右上をタップしても倒れることはありません。

スタンドを縦向けに使うとこれぐらいの角度になります。

スタンドは横向きも可能です。

角度は45度ぐらいで動画視聴に便利です。

かなり強力なマグネットでバッテリーを下向けにして強めにiPhoneを振っても外れることはありませんでした。

CIO-MB20W-5000-MASでApple Watchを充電

Apple Watch用とiPhone用の2つの充電コイルが実装されています。

ワイヤレス充電対応モバイルバッテリーに多いことですが、充電中は少し発熱が気になりました

充電中は電源ランプと残量ランプが点灯します。

Apple Watchの充電は最大2.5Wですので、純正の5Wと比べると充電速度は遅いです。

写真のApple Watchにつけているバンドは純正のスポーツバンドですが、よく見るとCIO-MB20W-5000-MASの丸い凹みにApple Watchが接触していません。

Apple Watchで使っているバンドによってはこういうことが起こりそうですが、充電は問題なく出来ていました。

Apple Watchを下向けにして振ってみても落ちないぐらいマグネットが強いので、充電中にマグネットが外れて充電ができていなかったということはなさそうです。

CIO SMARTCOBY Pro 30Wと比較

人気のCIO SMARTCOBY Pro 30Wと比較すると、縦横サイズはCIO-MB20W-5000-MASの方が大きいです。

iPhoneの大きさに合わせて”なるべくしてなった”サイズとも言えるのでこの点は仕方ないでしょう。

縦横サイズを広げた分、厚みはCIO SMARTCOBY Pro 30Wより10mmほど薄いです。

iPhoneにくっつけて使用することもあるため、CIO-MB20W-5000-MASは縦横より厚みに重点が置かれています。

左:CIO-MB20W-5000-MAS(5,000mAh)
右:CIO SMARTCOBY Pro 30W(10,000mAh)

両者を比較すると倍の容量にもかからわず10,000mAhクラスのモバイルバッテリーで最軽量をうたうCIO SMARTCOBY Pro 30Wはかなり軽量です。

ただ両者を持ってみるとCIO-MB20W-5000-MASの方が10mmほど薄いので、体感的に数値よりも軽く感じます。

Ankerのワイヤレスモバイルバッテリーと比較

モバイルバッテリーと言えばAnkerが有名です。

その中でMagSafeに対応した5,000mAhのモバイルバッテリーで比較を行いました。

スクロールできます
CIO-MB20W-
5000-MAS
Anker 622 Magnetic
Battery(MagGo)
Anker PowerCore
Magnetic 5000
製品画像
容量5,000mAh5,000mAh5,000mAh
サイズ横幅:94.5mm
奥行:63.0mm
厚み:16.5mm
横幅:105.0mm
奥行:67.0mm
厚み:13.0mm
横幅:93.0mm
奥行:63.0mm
厚み:16.0mm
重量150g140g133g
最大出力
ワイヤレス
10W
※iPhoneは7.5W
7.5W5W
最大出力
USB-C
20W12W10W
最大入力
USB-C
18W12W11W
Apple Watch充電対応(2.5W)非対応非対応
パススルー充電対応対応対応
カラーブラック、ホワイトブラック、ホワイト、
ブルー、グリーン、
パープル
ブラック、ホワイト、
パープル、ネイビー、
ミントグリーン
定価(税込)5,478円5,990円4,490円

比較した結果、重量と厚み以外のすべての点でCIO-MB20W-5000-MASが勝っていました。

CIO-MB20W-5000-MASだけApple Watchの充電に対応しているというのはもちろんですが、特筆すべきはAnkerのモバイルバッテリーより高出力・高入力なUSB-Cポートを搭載していることです。

高入力ということはそれだけ本体の充電速度が速くなりますし、20Wの高出力なのでiPhone 13シリーズも最速で急速充電が可能です。

本製品は18W以上の充電器を使用すると約1.5時間でフル充電できます。

CIO-MB20W-5000-MASのレビューまとめ

繰り返しになりますが、CIO-MB20W-5000-MASApple Watchの磁気充電とiPhoneのMagSafeの両方に対応した今までにないモバイルバッテリー。

それだけでも十分なアドバンテージですが、USB-Cで20Wの高出力なところやスタンドがついていることなど、これ1つで全てを備えているおすすめのモバイルバッテリーです。

CIO-MB20W-5000-MASがおすすめの人
  • Apple Watch、iPhone、AirPodsなど、ワイヤレス充電可能な製品を複数お使いの方
  • iPhoneを充電しながら使用することが多い方
  • できるだけ荷物を少なくしたい方
  • バッテリー容量より携帯重視でコンパクトな方が良い方
CIO-MB20W-5000-MASが向かない人
  • iPadやMacBookを充電したい方
  • iPhoneをフル充電したい方
  • Apple Watch 7を急速充電したい方
  • 1日複数回充電したい方
CIO 楽天市場店
¥4,980 (2022/09/22 16:34時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事で分かること