ガジェット

iPad mini 6用おすすめケース「ESR Rebound ハイブリッドケース」レビュー

iPad mini 6になってApple純正ケースはSmart Folioに変更されました。

Smart Folioは軽くてスマートなので良いのですが、側面がむき出しなので保護力はいまいち今ひとつ

 

iPad mini 5のApple純正Smart Coverは他社製の背面ケースと組み合わせて使うと側面も保護でき、Smart Coverを外せば背面ケースだけになるのでiPadを手で持って使用するときに便利でした。

今回はiPad mini 6でもそんな使い方のできるケース「ESR iPad mini 6 Rebound ハイブリッドケース」をご紹介します。

 

ESR iPad mini 6 Rebound ハイブリッドケースの開封

ESRはスマホやタブレット用品を数多く販売しています。

中華系メーカーですが高い質感と機能性をもつ製品が多く、非常にコストパフォーマンスに優れています。

 

同梱物はケース本体と取扱説明書のみです。

 

輸送中にケースのクリア部分に傷がつかないように、両面に青い保護フィルムが貼ってあります。

またケースの中に緩衝材のスポンジも入っています。

 

ESR iPad mini 6 Rebound ハイブリッドケースの外観

背面のクリア部分はポリカーボネートで非常に透明度が高く、iPad mini 6のデザインがしっかり見えます。

このレビューでは背面がクリアのタイプを紹介していますが、すりガラスのようなフロストブラックやケースのカラーがブルー、グリーン、ピンクなどもラインナップされています。

 

カメラレンズ部分の縁はだいぶ高く設計されており、下向けに置いてもカメラレンズが触れることはありません。

縁も分厚く設計されているので安心ですね。

 

液晶の周りの縁も少し高めに設計されていて、液晶面が触れることはありません。

写真ではPET樹脂のペーパーライクフィルムを貼っていますが、厚みのあるガラスフィルムを貼った状態でもケースの縁の方が高いため安心です。

残念ながらフタの開閉によるオートスリープ解除には非対応です。

 

表面カバーの内側は画面が傷つかないようにサラサラとした布が貼ってあります。

この部分もApple純正のSmart FolioやSmart Coverなどと遜色ない出来になっています。

 

ケース上面は電源ボタン、スピーカー、音量ボタンなどの穴が空いており、バリは一切なく、非常に丁寧な作りです。

電源ボタンの周りも程よく切り欠いてあるため、Touch IDの操作もスムーズに行なえます

 

ケース底面はUSB-Cポートとスピーカーの穴が空いています。

USB-Cポートの部分は大きめに切り欠いてあるため、どんなケーブルでも干渉することはないでしょう。

スピーカーの穴も1つ1つ空いているのが好印象です。

 

側面は少し薄くなっており、ケースをつけていてもApple Pencilがマグネットでつけられるようになっています。

写真は他社製のタッチペンですが強い磁力でしっかりとくっつきますので、かなり強めにiPadを振って外れません。

またケースをつけた状態でApple Pencilの充電にも対応しています。

 

ケース内側の角は落下時の衝撃をやわらげるために凹みがつけられています。

僕も何度か角から落としていますが、この機能のおかげで無傷で済んだことがありました。

Smart Folioなら間違いなく、傷ついていたと思います。

 

ESR iPad mini 6 Rebound ハイブリッドケースのサイズ

iPad mini 6のサイズは縦195.4mm、横134.8mm、厚み6.3mmです。

ケースをつけると、おおよそ縦6.6mm、横10.2mm、厚み11.7mmほど増えます。

 

写真左:背面カバーのみ装着時398g

写真右:画面カバー+背面カバー装着時497g

iPad mini 6本体の重量が293g(写真はWi-Fi + Cellularモデルで297g)ですので、画面カバーと背面カバーでそれぞれ約100gほど増えます。

このケースはフルカバーできる反面、少し重くなるのが残念です。

 

ESR iPad mini 6 Rebound ハイブリッドケースの使用例

このケースの一番の特徴は画面のカバーを取り外せること。

iPadを手で持って使用する時は画面カバーがあると邪魔になるので、取り外せるのは便利ですね。

 

画面、背面どちらのカバーにもマグネットが内蔵されていて、かなり強力にくっつきます。

強引に振っても外れたりズレたりすることはありません。

 

画面のカバーを三つ折りにして、スタンドにすることも可能です。

マグネット部分が外れることもなく、一般的な三つ折りタイプと変わりなく使用することが可能です。

 

角度は約60度。閲覧するのにちょうどよい角度です。

マグネットでピタッとこの角度にくっつくので簡単です。

 

三つ折りにしてスタンドにすると、背面のアップルマークがちょうど見えます。

 

Smart Folioのように少しだけ起こして、Apple Pencilが使いやすい角度にすることも可能です。

少し角度があるだけでもApple Pencilの使い心地は全然違います。

 

ESR iPad mini 6 Rebound ハイブリッドケース レビューのまとめ

このケースの特徴は画面カバーが脱着できるので、背面ケースの持ちやすさとフリップタイプの機能性と保護力を併せ持っているところ。

Apple純正Smart Folioの価格や保護力が心配で購入に踏み切れない方に特にオススメしたいケースです。

iPad mini 5でSmart Cover + 背面ケースを使用されていた方は同じような感覚で使えますよ

スポンサーリンク

-ガジェット