ガジェット

【レビュー】iPad mini 6のクリアケースならESR一択!

iPad mini 6の携帯性とデザインを活かすならクリアケースがおすすめです。

クリアケースは非常に多くのメーカーが販売していて、デザインも似ているのでどれが良いのかよくわからない。

今回は数あるクリアケースの中でも品質がよくておすすめの「ESR iPad mini 6 ハイブリッドクリアケース」のレビューをお届けします。

 

ESR iPad mini 6 ハイブリッドクリアケースの開封

ESRはスマホやタブレットなどの保護ケースやフィルムを販売する中国・深センのメーカーです。

低価格ながら機能性や品質の優れたコスパの高い製品で人気があり、最近はESRを指名買いする人もいるほど人気のあるメーカーになりました。

緑がコーポレートカラーなのでしょうか。パッケージやWEBサイトにも緑がアクセントとして使用されています。

 

同梱物はケース本体のみです。

 

ESR iPad mini 6 ハイブリッドクリアケースの外観

iPad mini 6にESRのクリアケースをつけた状態。正面から。

NIMASOのガラスフィルムを貼った状態ですが、干渉はしていません。

 

クリアケースは全てがTPUでできているものが多いですが、このESRハイブリッドクリアケースは名前のとおり、側面はTPU、背面はポリカーボネートの異なる素材で作られています。

特に背面のポリカーボネートは変色しにくく、非常に透明度が高いです。

 

カメラレンズ周りはTPU素材で縁取られていて少し高くなっているので、カメラレンズを下向けに置いても接触することはありません。

 

ケース上面。電源ボタン、スピーカー、音量ボタンのどれも丁寧に作られており、歪みなどはなくピッタリフィットしています。

 

電源ボタン周りは正確に切り欠いてあり、その周囲は緩やかに傾斜もつけてあるため、Touch IDの操作を妨げません。

むしろこのクリアケースのおかげで、パッとiPadを持った時に電源ボタンの位置が分かりやすくTouch IDが使いやすいです。

 

音量ボタンは固くなく、適度なクリック感が非常に押しやすいです。

こちらもこのケースをつけることで音量ボタンの位置が分かりやすくなっています。

 

ケース下面。

 

USB-Cポート部分は大きめに切りかいてありますので、どんなケーブルでも干渉することはないでしょう。

またスピーカーの穴も一つ一つ正確に開けられており、穴のズレは全くありません。

 

ケース右側面にはApple Pencil 2やサードパーティーのタッチペンをつけられるように、溝が作ってあり少し薄くなっています。

 

Apple Pencil 2の充電に対応しています。

 

写真はサードパーティーのタッチペンですが、磁力が強いので逆さまにして振っても外れません。

 

ケースの左側面は中央にESRのロゴが小さく入っているだけです。

 

ESRハイブリットクリアケースと他社のケースを比較

どちらも「クリア」ケースとして販売されている商品ですが、左の他社製クリアケースは少しもやがかかっているように見え、完全に透明ではありません。

一方、ESRハイブリッドクリアケース非常に透明度が高いです。

 

ESRハイブリッドクリアケースカメラレンズの周囲をTPU素材で保護してあり、安心して使用できます。

 

ESR iPad mini 6 ハイブリッドクリアケースのレビューまとめ

クリアケースはどのメーカーのものを選んでもほとんど同じデザインですので、できるだけ品質の良いものを選びたいです。

今回ご紹介したESRハイブリッドクリアケースは、ケースの歪みや穴のズレが一切なく、非常に品質のよいケースです。

軽量で裸のiPad mini 6に近い感覚で使用できるケースをお探しの方におすすめのケースです。

スポンサーリンク

-ガジェット