ガジェット

【Creative Pebble V3 レビュー】小型で高音質なUSB-Cスピーカー

パソコン用USBスピーカーで人気のあるCreative Pebbleの最新版「Creative Pebble V3」をご紹介します。

前モデルのV2にBluetoothとUSBオーディオの機能が追加され、ドライバーが2インチから2.25インチにサイズアップしました。

パソコン用のUSBスピーカーとして、スマートフォンやタブレット端末の外部スピーカーとして、候補のひとつとして迷われている方もいらっしゃると思います。

各部分を写真で詳しくご紹介しますので、購入のご参考にしていただければと思います。

 

Creative Pebble V3の開封・内容物

▲外箱はこんな感じになっています。

ちなみに箱のサイズは、約253×130×130mmでした。

 

▲内容はスピーカー本体、取扱説明書、ハードウェア保証書、専用USB C-A変換アダプターです。

スピーカーのケーブルの先端はUSB-Cになっており、USB-Aで使う場合はこの変換アダプターを使用して接続します。

ステレオケーブルやACアダプターは付属していませんので、AUX接続をしたりコンセントから電源供給する場合は別途用意する必要があります。

 

Creative Pebble V3の外観・機能

前面

▲スピーカー前面は45度上向きの形になっています。

離れた場所で音を鳴らすというよりは、近い場所で使用することを前提とした形になっています。

また外装はマット仕上げで、前面パネルにはラメが入っていて高級感があります。

 

▲左側スピーカー。

CREATIVEのロゴが印字されている以外は何もありません。

 

▲右側スピーカー。

前面の下部に左からLEDランプ、ボリュームダイヤル、Bluetooth/Sourceボタンがついています。

 

▲赤矢印の部分がBluetooth/Sourceボタンになっています。

このボタンを押すことで、USB Audio→Bluetooth→AUX-inの順にモードが切り替わります。

またボタンを2秒以上長押しするとBluetooth Pairingモードになり、Bluetoothで接続が可能な状態となります。

 

▲前面のLEDランプは、それぞれのモードによって色が変わります。

  • 青・・・USB Audioモード(高ゲイン)
  • 緑・・・USB Audioモード(低ゲイン)
  • シアン・・・AUX-inモード

なお、Bluetoothで接続した場合は、青または緑色でゆっくりと点灯、消灯を繰り返します。

 

背面

▲背面にはパッシブラジエーターがついています。

 

▲右側スピーカー背面の下部にAUXポートがあります。

ステレオケーブルが付属してませんので、AUX接続する場合は別途用意する必要があります。

 

底面

▲底面には滑り止めの円形のゴムが貼られています。

このゴムのおかげで机などに置いた時にしっかりと固定されます。

 

▲右側スピーカーの底面にはゲイン切替スイッチがあり、高ゲインと低ゲインを切り替えることができます。

Creative Pebble V3と他製品の大きさ比較

参考までに他の機種との大きさの比較です。

▲左からAmazon Echo Show 5Creative Pebble V3ロジクール Z120BWです。

ロジクール Z120BWより高さ、幅ともに少し大きいです。

 

▲上から見た画像。

奥行きについてもロジクール Z120BWより大きいことが分かります。

 

Creative Pebble 各モデルの違い

Creative Pebbleには4つのモデルがあり、全て併売されています。

Pebble V3 Pebble V2 Pebble Pebble Plus
スピーカー構成 2.0 2.0 2.0 2.1
アナログ入力
BLUETOOTH 5.0 - - -
USBオーディオ PC/Mac - - -
スピーカーサイズ 各サテライト:
約123 x 120 x 118 mm
各サテライト:
約122 x 116 x 115 mm
各サテライト:
約122 x 116 x 115 mm
各サテライト:
約122 x 116 x 115 mm
サブウーファー:
約150 x 202 x 195mm
ケーブル 左右スピーカー:約1.35m
USBオーディオ/電源:約1.2m(USB Type-C)
左右スピーカー:約1.35m
ライン入力:約1.2m(3.5mmジャック)
USB電源:約1.2m(USB Type-C)
左右スピーカー:約1.2m
ライン入力:約1.2m(3.5mmジャック)
USB電源:約1.2m(USB Type-A)
左右スピーカー:約1.2m
サブウーファー:約1.8m
ライン入力:1.2m(3.5mmジャック)
USB電源:1.2m(USB Type-A)
ゲイン モード 自動スイッチ(USB-C互換デバイス)
手動スイッチ(USB-Aデバイス/電源)
自動スイッチ(USB-C互換デバイス)
手動スイッチ(USB-Aデバイス/電源)
- 手動スイッチ(高ゲイン/低ゲイン)
ドライバー 2.25インチ フルレンジ 2インチ フルレンジ 2インチ フルレンジ 2インチ フルレンジ+4インチ ウファー
スピーカー出力 総合8W RMS
ピーク出力16W
総合8W RMS
ピーク出力16W
総合4.4W RMS 総合8W RMS
ピーク出力16W
付属品 USB C-A変換アダプター USB C-A変換アダプター
カラー ブラック ブラック ブラック/ホワイト ブラック

▲Pebble V3は、その他のPebbleより本体サイズがほんの少し大きくなっています。

Creative Pebble V3 技術仕様

スピーカー構成 左右セパレート型 ステレオ スピーカー
外形寸法 各サテライト スピーカー 約123×120×118 mm
重量 左サテライト スピーカー 約0.31kg
右サテライト スピーカー 約0.36kg
スピーカー出力(総合) 8W RMS/ピーク出力16W
ドライバー 各サテライト 2.25インチ
周波数特性 100Hz~17kHz
SN比 75dB
再生モード Bluetooth、USBオーディオ、ライン入力(3極ジャック)
Bluetooth バージョン:Bluetooth 5.0
プロファイル:A2DP(ワイヤレスステレオBluetooth)
コーデック:SBC
通信距離:約10m(見通し距離)
端子 USB-C 入力、φ3.5mmステレオライン入力
コントローラー/インジケータ 電源/ボリュームコントロール(右スピーカー前面)
電源LED(右スピーカー前面)
ゲイン スイッチ(右スピーカー底面)
電源 USBバスパワー 10W(USB-C)、5V/2A(USB-A)

 

まとめ

Creative Pebble V3は、BluetoothとUSBオーディオに対応しました。

Bluetoothに対応したことによってオーディオジャックのないスマートフォンでも使用できるようになり、使用環境が広がりました。

USBスピーカーの中では最大16Wと高出力で、ドライバーのサイズアップ等によりさらに音質も向上し、豊かで奥行きのあるサウンドを再生できます。

本体のサイズもV2から多少大きくなりましたが、それでもコンパクトで机の上に置いても邪魔になりません。

パソコン用のUSBスピーカーとして、スマートフォンやタブレット端末の外部スピーカーとして、とてもよい選択肢になると思います。

スポンサーリンク

-ガジェット